【ミニマム道】ミニマリストを目指して起こった事【不思議体験あり】

全体

みさ
みさ

こんにちは。ミニマリストmisa です。

「ミニマリストを目指して早2ヶ月が過ぎました」Richミニマリストみさです。

まだまだミニマリストへの途中【ミニマム道を歩いている途中】ですが、ミニマリストを目指してから「本来の目的ではないけれど、不思議としなくなったこと」などがあるので、ココにまとめておきます。

「ミニマリストを目指して、こんなことになった」という経験談【不思議体験を含む】を、ぜひご覧ください。

まずは、結論です。

ミニマリストを目指して早2ヶ月で起こったこと【まとめ5選】
  1. 八方美人の対応をしなくなった。
  2. 「相手に本気で伝える」ということをするようになった。
  3. 【体重が約7㎏減った】部屋全体が軽量化だけではなく、自分自身も軽くなった。
  4. 「モノの価値/モノの役割」について、深く考えるようになった。
  5. 新しくモノを購入するときに、慎重に選択するようになった。

上記5選ですが、一言にまとめると…ミニマリストを目指してからはメリットだらけということです。

上記の結論【まとめ5選】を読んでいただければ充分に解っていただけると思いますが、もし詳細を知りたいという方がおられましたら、続きをご覧ください↓

①まず、八方美人の対応をしなくなりました。

私は、もともと八方美人の性格で「女優か⁈」というくらいに、自動的に八方美人の対応をとってしまう性格でした。

というのも、子どもの頃は「両親にイイ子に思われたい」「両親に傷がつかないような、自慢できるくらいの娘にならなくてはいけない」と思い込んで大人になりました。※いくら良い成績をとっても両親に褒めてもらうことが無かったから、どれくらい努力したらイイのか⁈子どもだった私には理解できなかったからです。

それが原因で、どんな場面においても八方美人の対応をとるようになってしまいました。

しかし、ミニマリストを目指していくうちに「自分という存在は、ありのままの自分でもイイ」「八方美人の対応をしなくてもイイんだ」と、スーッと自分を許すこと/自分を見つめることができるようになりました。

おそらく、モノを手放していくうちに「自分を見つめ直す余裕」も出てきたからなんだと思います。

②そして、八方美人の対応をしなくなったことと似ていますが、何かあったときに「相手に本気で伝える」ようになりました。

これも、それまではなかなかできなかったことの一つでした。

みなさんは、何かあっても言いたいけど言えないとき、ってありませんか⁈

おそらく少なからず、みなさんも「ある」と答えるのではないでしょうか⁈

そう、実は「相手に本気で伝える」って、なかなかできないことなんです。

もちろん、毎度のように、相手に本気で伝えることを実行している方もおられると思いますが、それは極少数ですよね。

でも、ミニマリストを目指していくと、なんだか心もスッキリしてくるのです。

だから、自分が本当に相手に伝えたいことが明瞭化してくるようになりました。

そして、その明瞭化したことを相手に本気で伝えるまでの一連の流れができあがってきました。

これは、なんだか不思議体験でした。

【体重が約7㎏減った】部屋全体が軽量化はもちろんなのですが、なんだか自分自身も軽くなりました。

結局のところ、こういうのがミニマリスト化で起きた珍事実/不思議体験なんですよね。

そして、「面積や体積が大きなモノを手放したとき」が最も実感したときでした。

基本的に「大きなモノを手放したら、大きな空間が出現する」ということなので、部屋はもちろん軽量化しているわけです。

しかし、不思議なのは、自分自身も軽量化したことでした。

この深い理由に関しては謎ですが…ミニマリスト化していくと、とても貴重なメリットがあることを実感しました。

④と⑤「モノの価値/モノの役割」を深く考えるようになりました。

つまり、「そのモノは、どんな場面で/どのようにして役立つのか」を真剣に考えるようになった、ということです。

結局、モノを所有していても、それを使う場面がなければ→そのモノは役に立っていないので不要、つまり「手放す対象になる」ということです。

※「モノの価値」とは、人によってさまざまなのはもちろんです。

以上のことがわかったので、新しくモノを購入するときに、慎重に選択するようになりました。

そう、100均ですら、買い物は慎重になりました。

というより、本当は「100均であろうが、もっと高価なモノであろうが」モノを買うときは、慎重に/吟味してから買うべきなんですよね。

でも、もうこれからは大丈夫です。

と同時に、「今まで(社会人になってからの約12年間)、本当にさまざまなムダ使いをしてきた」と反省しました。

とは言え、こんなことに気づけたのも、今までの経験を振り返ったからこそであり、奇跡的です。

以上より、「モノを減らす」「モノを手放す」ことは、メリットしかないです。

ということで、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

みさ
この記事を書いた人。

当サイトの運営者であり、
ブロガーをしています
ミニマリストmisaです。

便利で、ムダ無く、快適に暮らす。

ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone
お気軽にフォローいただけると嬉しいです。

YouTube:ミニマリストmisa
https://www.youtube.com/channel/UC7lmg75-9xM4yBp9leCiITQ?view_as=subscriber
チャンネル登録やコメントなどお気軽にお願い致します。

misaをフォローする
全体
misaをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました