【ミニマリストの秘訣】モノの選び方が上手になるコツ【5選】

全体

みさ
みさ

こんにちは。Richミニマリストみさ です。

みなさん、モノを選ぶときのコツってご存知でしょうか⁈

人それぞれ異なると思いますが、過去にモノが大量だった私が実際に行動してきて得たモノを選ぶときのコツを5選を今回はお話させていただきます。

まずは結論です。

【結論】モノを選ぶときのコツ5選
  1. 「今、必要なモノ」を選ぶ。
  2. 「今を含めて、これから一年間で使うモノ」を選ぶ。※日本に住んでいる場合
  3. 視覚的に好きなモノ」を選ぶ。
  4. 「好きなモノでも、好きすぎて使うのがもったいないモノ」なら選ばない。
  5. 一石二鳥またはそれ以上に幅広く役立つモノ」を選ぶ。

以上、モノを選ぶときのコツ5選です。※私なりの結論です。

それでは、例を挙げながら、お話を進めていきます。

1.「今、必要なモノ」は、まさに今使っているモノです。

例えば、毎日のように使っているスマートフォンは手放しませんよね⁈

また、例えば、一週間に一度だけでも筋トレで使う器具なら手放しませんよね⁈

そう、まさに「今」という基準を元に【モノを選ぶこと】が重要なのです。

2.「今を含めて、これから一年間で使うモノ」を選ぶのは、四季折々の日本に住んでいる場合だけはそうしたほうが良いです。

もし仮に、南国で一年中あたたかい地域なら、その必要はありません。

3.「視覚的に好きなモノ」を選ぶのは、けっこう重要です。これが重要と気づくまでには、多大なる時間を要しましたが、本当に重要です。※盲目の方もおられるかもしれませんので、ご了承ください。

例えば、ミニマリストで「真っ白な部屋」が好きな方がおられるのも、この視覚的な部分が重要視されていますよね。

そう、多くの方にとって「色」というのは、とても重要です。

「自分の好きな色」「自分がリラックスできる色」など、自分がプラスな気分になれる空間を創るためには、ぜひ視覚的なことを重要視するべきです。

4.「好きなモノでも、好きすぎて使うのがもったいないモノ」なら選ばないことが重要です。これは、特に女性に多いことかもしれません。

事実、私はこの悩みがとてもありました。例えば、バッグやTシャツ、見た目が重視のサンダル、高価めな化粧品などでした。

Tシャツを例にとると、とてもお気に入りのピンク色のTシャツを持っていました。そして、去夏に着た回数は1回でした。その原因は「このピンク色のTシャツがお気に入りすぎて→汚したくない」でした。

そう、衣類は「着てなんぼ」なんですけどね。

なのに、このピンク色のTシャツを去夏に着たのは、たった1回でした。

なので、今夏の前に手放しました。

以上のように、お気に入りすぎて使いづらいのも、逆にツライものです。

ということで、本当に結局使わないなら→早めに手放したほうが無難です。

5.「一石二鳥またはそれ以上に幅広く役立つモノ」を選ぶことが重要です。

今までにさまざまなモノを購入して→使って→手放して…を、私は繰り返してきました。

その中で解ったことは、ミニマリストがminimum最小限に暮らすには「一石二鳥など」一つ購入したら、それには複数の役割が可能…というくらいに「マルチ的に便利なモノ」じゃないと、なかなか難しいなと感じました。

例えば、「椅子にも収納にもなるスツール」「ソファーにもベッドにもなるソファーベッド」「耐荷量10㎏のマグネットフック」などです。

上記にあげた3点のうち、「耐荷量10㎏のマグネットフック」であれば、たいていの物を掛けることができますよね。このように、一つで複数の役目を果たしてくれるモノを選ぶのは、モノを選ぶコツの中でもとても重要です。

以上、コツ5選はいかがでしたでしょうか⁈

意外にも、けっこう納得では⁈

ぜひ参考にしていただければと思います。

以上、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

みさ
この記事を書いた人。
みさ

当サイトの運営者であり、
ライターをしています。

Richミニマリストです。
ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone

みさをフォローする
全体
みさをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました