【ミニマリストおすすめ】この本に出会っていなかったら?!【3選】

【本と書類】

みさ
みさ

こんにちは。Richミニマリストみさ です。

みなさんは、本に影響を受けたことはありますか?!

おそらく多くの方が、一度くらいは本に影響を受けたことがあるかと思います。

そして、私もいろんな本に影響を受けた一人です。

その中でも、ミニマリストに関係する片付けに関する本に影響を受け、モノに対する考え方など私の人生そのものも変わった本があります。

今回は、そのような本を3選ご紹介させていただきます。

まず、【こんまり】さんの本は「特に女性向け」だと私は感じました。

その理由としては、こんまりさんは「ときめく」をテーマにしていらっしゃるので、基本的に感情豊かな女性のほうが大きく共感できたりするからです。

モノを見て「かわいい」「綺麗」など感じやすいのは、基本的に男性よりも女性のほうだからです。

そして、こんまりさんがおっしゃられている「ときめき」の感覚を身につけることができると、実際にモノの選択に困らなくなりました。

特に、衣類やバッグなどの選択に困らなくなり、迷わなくなりました。

それによって、迷う時間を削除できて、他にやりたいことをする時間を設けることもできてきました。

ということで、おすすめ1冊目は【こんまり】さんの本です。

そして、おすすめ2冊目は【やましたひでこ】さんの本です。

やましたひでこさんの本は、【◯捨◯】の本です。※著作権の関係で◯◯としています。

もう世の中にだいぶ知れわたっている【◯捨◯】ですが、やましたひでこさんの本を読んだら→ソッコーで実践してみることが、私のおすすめです。

やましたひでこさんの本は、私個人的にはスラスラと読めました。

なので、その勢いで→ぜひ実践してみてください。

そうすると、ミニマリスト化と片付けにエンジンがかかるはずです。

それから、おすすめ3冊目は【フランス人は10着しか服を持たない】ベストセラー本です。

実際に服を何着所有するのかは別として、私個人的には、この本に出てくるフランス人の優雅な考え方や日常を参考にするという感じです。

単的に言うならば「余裕を持つ生活」が素晴らしい、と私は感じました。

毎日慌てて何かに追われているような生活から一転するにはどうしたら良いのか?!そんなヒントが感じられました。

日本に住んでいると慌ただしい毎日ですが、ぜひフランス人の考え方に触れることができる素敵な1冊です。

以上、私Richミニマリストみさがおすすめする厳選3冊の本でした。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

みさ
この記事を書いた人。
みさ

当サイトの運営者であり、
ライターをしています。

Richミニマリストです。
ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone

みさをフォローする
【本と書類】
みさをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました