【真のコツ】ミニマリスト化で後悔しないための思考法【成功の秘訣】

全体

みさ
みさ

こんにちは。ミニマリストmisa です。

みなさんは、ミニマリスト化して後悔したことはありませんか⁈

たとえば、「単純に、モノの数を減らしすぎた」「好きなモノだけど、ミニマムに暮らしたいがために手放してしまった」などの場合です。

こういった場合は、ミニマリスト化しすぎて後悔しているパターンと言えます。

本来であれば、ミニマリスト化して幸福度が増すはずなのです。

しかし、ミニマリスト化により後悔していては元も子もありません。

そこで、どういった方法をとればミニマリスト化で後悔しないのか⁈

それは、私が勝手に呈しているRichミニマリストという思考法です。

Richミニマリストの3原則という思考法に沿ってミニマリスト化していけば、まず後悔することはありません。

ミニマリスト…ミニマリスト…という言葉が独り歩きしすぎていることにより、本来の目的を見失わないようにRichミニマリストの思考法を考え抜きました。

なので、私のRichミニマリストでは「無理にミニマリスト化する必要は無い」「個々の目的をハッキリさせてからミニマリスト化に取り組む」「モノが少ないだけのミニマリストにならないことが重要」を大切にしています。

あくまでも、自分自身が納得できるミニマリスト化を実践することが最も大切です。

ですので、「ミニマリスト化には全捨てが必要」なんてことが世の中で言われていますが、そんなことをしてしまうと、きっと自分自身を見失ってしまいます。

なので、1つ1つのモノを向き合い「モノと向き合う時間は長くなっても良い」のです。そんなに一瞬で全捨てすると、後に後悔するに違いありません。

特に、女性向けでしたら「化粧品、美容用品」衣類や調味料などに関しては、慎重に検討するべきです。

そして、忘れてはいけないのが、写真やアルバムなどの「一度手放してしまったら、もう戻ってこないモノ達」です。

「一度手放してしまったら、もう戻ってこないモノ達」というフレーズを頭に入れて、本当に慎重に検討しましょう。

ココで、私が手放したモノの失敗談を話します。

私が手放したモノの失敗談

1つ、これは本当に後悔しました。

けっこうお気に入りの花柄の「ミトン」でした。※ミトン:電子レンジから食べ物を取り出すときに使う耐熱のモノ

電子レンジも手放そうと思っていたこともあり、先にミトンを手放しました。

しかし、電子レンジって結局けっこうな頻度で使っており、その度にミトンが必要なわけです。

ミトンを手放してしまった後、しばらくキッチンペーパーを厚く持って代用していました。

しかし、やはり電子レンジから出す食べ物は熱い…というわけで、ミトンを再購入するに至りました。

以上の失敗談から、「必要なモノは、やはり必要だ」と私は再確認させられました。

ということで、ミニマリスト化している=徐々に「もっともっと減らしたい」というように、ある意味で中毒的になりがちなのですが、「やはり日常生活に支障が出ては良くない」ということです。

みなさんの中にも「もしミニマリスト化しすぎて日常生活が不便だ」と感じるのであれば、【ミニマリスト化する目標】を一度見直すべきだと思います。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

みさ
この記事を書いた人。

当サイトの運営者であり、
ブロガーをしています
ミニマリストmisaです。

便利で、ムダ無く、快適に暮らす。

ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone
お気軽にフォローいただけると嬉しいです。

YouTube:ミニマリストmisa
https://www.youtube.com/channel/UC7lmg75-9xM4yBp9leCiITQ?view_as=subscriber
チャンネル登録やコメントなどお気軽にお願い致します。

misaをフォローする
全体
misaをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました