【意外と忘れがち】引っ越しの見積もり時のポイント【10選】

全体

みさ
みさ

こんにちは。Richミニマリストみさ です。

みなさん、引っ越しの見積もりに、どんな方法を使っていますか⁈

また、見積もり時のPointをご存知でしょうか⁈

今回は、今までに10回ほどの引っ越しを経験してきた私が、それらをモーラできるようにPointをまとめます。

それでは、さっそく引っ越しの見積もり方法からです。

引っ越しの見積もり方法

【結論】引っ越しの見積もり方法…まずは一括見積りをする。

▶引越し屋で一括見積りをする

一括見積りで複数社に見積りを出してもらいましょう。

そして、複数社を比較し、少しでも安く/よりメリットの多い引っ越し社を選択しましょう。

それでは次に、よりメリットの多い引っ越し社とは⁈…見極めるためには、見積もり時にPointがあります。

今回は、意外と見落とし勝ちな【引っ越しの見積もり時のPoint】をまとめました。

意外と見落とし勝ちな【引っ越しの見積もり時のPoint】

【引っ越しの見積もり時のPoint】は、以下10点です。

  1. 【追加料金】がかかる場合の有無と、その料金について。
  2. 【ダンボール数とサイズ】特に、具体的な数について。もし、最初に用意された数を超えた場合、追加料金はかかるのかどうか。
  3. 【梱包用品の有無を確認】ダンボール/衣装ケース/シューズボックス/クッション材など。
  4. 【洗濯機の設置にかかる料金】引っ越し代に含まれているのか。または別途料金がかかるのか。
  5. 【電子レンジのアース設置】近年では、アースの取り付けは引っ越しの際にしてくれないケースもあるので、事前に確認しておくべき。
  6. 【特典】たとえば、盗聴器の確認などを無料で行なってくれる特典などがある。
  7. 【引っ越し時に引っ越し社側の不手際で発生した破損について】このような場合の保障を事前に確認しておく。
  8. 【引っ越し時に処分品や買取品などが発生した場合】こんなときの料金を事前に確認しておく。
  9. 【実際の引っ越し時の引っ越しスタッフ人数引っ越しにかかる時間
  10. 【実際の引っ越し時のトラブル発生について】予定時間遅れなどの場合、どういった対応をしていただけるのか…などを事前に確認しておく。

※上記10点は、私の経験からまとめました。

引っ越しのときは、あまり詳しく考えない…「引っ越しできればイイか」と思っている人も多いかもしれません。

しかし、上記10点のうち【特に、追加料金について】は見積もり時に必ず確認しておくべきです。

なぜなら、見積もり書に「追加料金は記載されていないから」です。

ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

みさ
この記事を書いた人。
みさ

当サイトの運営者であり、
ライターをしています。

Richミニマリストです。
ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone

みさをフォローする
全体
みさをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました