【引越し時の手続き】住所変更届が必要な事項【一覧表まとめ10項】

全体

みさ
みさ

こんにちは。Richミニマリストみさ です。

改めまして、30代独女Richミニマリストみさです。

今回は、引越し時→引越し後に必要な変更届をまとめていきます。

私は実際に、約10回ほど引越しをしてきました。

なので、引越し慣れはしているのですが、毎度引越しのたびに一覧表を作るのがめんどくさい…と思い、今回は当ブログにまとめておくことにします。

ぜひ参考にしていただければと思います。

引越し時の手続き

【重要】引越し先が決まった時点で【郵便物の転送届】を郵便局へ提出しましょう。※郵便局のホームページから手続きができます。または、郵便局に行けば「専用用紙」があるので記入してポストに投函すればOKです。

まず、引越し時は【引越し前の住所の役所にて:転出届(転居届)】を書きます。※転出届=住所変更届

上記のときに、役所から【転出証明書】が発行されるので、これを持って→引越し先の役所へ【転出証明書】を提出します。このときに、役所からの指示に従い、手続きを進めていきます。※マイナンバーカードの住所変更については、役所に聞くようにしましょう。

そして、無事に役所での手続きが終わったら、ついでに【住民票】を必要枚数ぶんだけ役所で入手しておいたほうが良いです。

【住民票】が必要な場合とは、運転免許証などの住所変更です。そのほか、会社へ提出が必要な場合もあったりもします。

国民健康保険の場合、引越し前の住所の役所で手続き→引越し先の住所の役所で手続きが必要です。詳細は、役所で聞きましょう。

そして、引越し後に住所変更をしておくべきことを一覧表にまとめていきます。

引越し後に住所変更をしておくべきこと ※順不同
  1. Amazonや楽天など宅配便の登録住所の変更
  2. 銀行やクレジットカードの登録住所の変更
  3. スマートフォン/Wi-Fi/インターネット環境などの登録住所の変更
  4. 運転免許証生命保険/医療保険など保険関係の登録住所の変更(必要あれば)
  5. 投資などの登録住所の変更(必要あれば)
  6. 【ブロガー/サイト運営】ドメインやレンタルサーバー(必要あれば)
  7. 【ブロガー/サイト運営】Googleアドセンス、ASPなど(必要あれば)
  8. 【ブロガー/サイト運営】Dropboxなどのバックアップしているアプリなど支払い登録住所の変更(必要あれば)
  9. 【ブロガー/サイト運営】イラストACなど月額支払いがある登録住所の変更(必要あれば)
  10. 【ブロガー/サイト運営】Wordpress.comの登録住所の変更(必要あれば)

※【その他】国家資格など資格関係の登録住所の変更。

以上、いろいろと手続きはめんどくさいのですが、どれも無視できない手続きです。

私は2020年6月の今、引越しをすることになっていますが…おそらくこの先の人生で、あと2~3回ほど引越しをすることになるのではないか⁈と自分で予想しています(笑)

そのたびに、自分で書いた当ブログを読み返すことになりそうです(笑)

ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

みさ
この記事を書いた人。
みさ

当サイトの運営者であり、
ライターをしています。

Richミニマリストです。
ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone

みさをフォローする
全体
みさをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました