【結論コスパ良し】靴下を賢く選択する方法【経営者思考の判断基準】

[実例]衣類と寝具

みさ
みさ

こんにちは。Richミニマリストみさ です。

今回は靴下のミニマリスト化をしたので、私が実践した方法をお話します。

みなさんは、ふだんどのような靴下を所有していますか⁈

私は、ミニマリスト化をする前に「デザインがさまざまな靴下を10足ほど所有していました。

しかし、デザインがさまざま=忙しい朝に手こずる/片方の靴下が無くなったときなどに買い替えなければならないということで、コスパが悪いということに気が付きました。

そこで、どうやったらコスパが良くなるのか⁈【コスパが良い≒ミニマリスト化しやすい】にもつながります。

【結論】靴下をコスパ良くミニマリスト化する方法

靴下に関しては、同じデザインでそろえること/同じ色で統一することです。

※私が実行したbefore→afterをご覧ください。私の場合、通常の靴下5足+フットカバー3足=合計8足にそろえました。

私のbefore
私のafter

通常の靴下についてはお話することはありませんが(笑)、フットカバーは【女性:わりと使っている方が多い】と思います。

このように、フットカバーは(人によって)無くても良いモノですが、オシャレをしたい方には必要ですよね。

なので、オシャレを楽しむためのフットカバーなどは所有していて意味があります。

【靴下】は同じデザイン/同じ色で統一することがコスパ良くミニマリスト化への最適法と言えますが、実はこの方法…多くのCEO経営者が実際に行なっている時短方法でもあります。

忙しいタイムスケジュールをこなすために「靴下選びには、時間を割けない」というCEO経営者の考えから来ています。

たしかに、忙しいなら、靴下選びに時間を割いていられませんよね。

それに、片方の靴下を無くしてしまったときなどにすぐに「替えの靴下」が必要となったときでも、同じデザインの同じ色の靴下で予め(あらかじめ)そろえておけば、すぐに対処できるので無駄な労力を使わずラクチンですね。

ということで、靴下を同じデザインの同じ色で統一しておくことには、たくさんのメリットがあります。

ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました