【第2段階】食器をもっとミニマリスト化する方法【自炊なら必見】

[実例]生活必需品

みさ
みさ

こんにちは。ミニマリストmisa です。

みなさん、自炊してますか⁈

今回は、自炊する人は必見な【食器をミニマリスト化する方法】です。

食器をミニマリスト化するのは、なかなか難しいかも⁈ですが。

よく考えてみると…「使っている頻度が高い食器」って、わりと決まっていませんか⁈

そう、「使っている頻度が高い食器だけを残す」のが、まずミニマリスト化の第1段階です。

そして、今回はその次の段階(第2段階)のミニマリスト化へ移行したいと思います。

「使っている頻度が高い食器だけを残した後」どうするのか⁈

第2段階として、もっと効率の良いミニマリスト化をしていきます。

まずは結論です。

【結論】食器を効率良くミニマリスト化する方法

【1つで数役】を使いこなす食器に限定することです。※数役=多様化できる

私は今回のミニマリスト化で【beforeが食器7個→afterが食器4個】にしました。

【私の実践】第2段階:食器をもっとミニマリスト化
  • before:みそ汁茶椀2個+ごはん茶碗2個+小鉢2個+麺丼椀1個=合計7個
  • after:フタ付き何でも茶碗2個(小)+フタ付き何でも茶碗2個(大)=合計4個

以上です。

afterの合計4個は、100円均一の食器です。しかし、これが便利すぎる食器なのです。フタを付けたままで電子レンジOKで、熱湯OKな食器です。フタを付けたままで電子レンジOKなので、サランラップ要らずで節約にもなります。

一方、beforeの合計7個のうち5個には、フタが付いていませんし、それだけの役割しかしません。なので、多様化できません。

よって、「afterの合計4個」で「beforeの合計7個」の機能を賄えます(まかなえます)。

以上のように、【1つで多様化できる】というのがミニマリスト化していくなかで重要な部分ではあります。

仮に、1つで1つの機能しかない場合、どうしてもモノの数は増えてしまいます。

なので、【1つで多様化できる】をポイントとして意識すると、モノの数を減らすことが可能です。

ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

みさ
この記事を書いた人。

当サイトの運営者であり、
ブロガーをしています
ミニマリストmisaです。

便利で、ムダ無く、快適に暮らす。

ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone
お気軽にフォローいただけると嬉しいです。

YouTube:ミニマリストmisa
https://www.youtube.com/channel/UC7lmg75-9xM4yBp9leCiITQ?view_as=subscriber
チャンネル登録やコメントなどお気軽にお願い致します。

misaをフォローする
[実例]生活必需品
misaをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました