【Webライター】最速でWebライティングを習得する手順

ライター

こんにちは。元雇われWebライターで元添削者のみさです。今は、自分のサイトのみ記事作成をしています。

さっそくですが、今回みなさんが当記事を開いてくださったのにはワケがあると思います。

「Webライターをやってみたい」「在宅ワークとしてWebライターでやっていきたい」など・・・

今回は、そんな悩みを解決するべく【最速でWebライターになる具体的な手順とそのポイント5選】をお話していきます。

今までに私が経験してきたことで良かったことや改善したほうが良いと感じたことを含めてまとめていきます。

それでは、始めていきましょう。

最速でWebライターになる具体的な手順1~8

手順1~5+手順6~8

  1. まず、クラウドソーシング(クラウドワークス )(Craudiaクラウディア )(Bizseek )(フューチャリズム )いずれかor複数に登録する。
  2. とにかくWebライター【未経験OK】の案件に応募しまくる。
  3. 多くの場合「まずは、サンプル記事を書いて送ってください」と指示があるはずなので、サンプル記事を書いて送る。
  4. 無事に通過したら、Webライターとしてデビューを果たす。
  5. できれば、Webライターで留まらず→記事の添削者にまで上り詰める。そうすると、よりスキルアップにつながる。
  6. あるタイミングで雇われWebライターを卒業するのもあり。
  7. 雇われWebライターを卒業する。
  8. 自分でサイトを作って、自分で記事を書く。

※独立したい場合は、手順1~8まで。

最速でWebライターになるポイント5選

最速でWebライターになるには、いろいろと選ばないことです。どういうことか⁈というと・・・

  1. 自分が知らないテーマ(キーワード)のWebライティングでも挑戦してみる。
  2. Webライティングに時間がかかるのは当然」と知る、受け入れる。
  3. 時給換算したときに、かなり安価な給料になってしまう・・・と知る、受け入れる。
  4. 雇われWebライターの間に「Webライティングのノウハウ」をとにかく習得する。
  5. 「給料をもらいながら、Webライティングを学んでいる」という感覚を忘れない。

Webライターと一言に言っても、そのテーマ(キーワード)はさまざまです。

たとえば・・・自分が一人暮らしをしたことが無かった場合でも、偶然にも一人暮らしに関する記事を扱っている案件にあたってしまうなど「自分が未経験のことであっても、そのテーマ(キーワード)に関しての記事を書かなければならない」ということは多いです。

しかし、これは「無知なジャンルに対して、どれだけ調べあげて記事にまとめることができるのか」ということを試すには、絶好のチャンスなのです。

これができるようになると、どんなジャンル(テーマ)でも怖く無くなります。一つの大きな自信になります。

ですが、こんなことをしていると、Webライティングって本当に時間がかかる・・・というのは当然です。

私も最初は「1記事を書くのに約8時間」かかっていました。

そう、これを時給換算すると、かなり安価で恐ろしい・・・「1記事が1000円の場合=時給125円」になります。

これだとモチベーションが下がる一方ですが・・・Webライティングに徐々に慣れてきて、時短もできるようになります。

このとき、「Webライティングのノウハウ」をできる限り吸収しておきましょう。

そして、どうせなら独立しましょう。私のように(笑)

だって、「雇われWebライターのまま=他人のサイトの記事を書いている=自分のサイトの記事としては残らない」からです。

以上、Webライティングのノウハウを学んだら→雇われWebライターを卒業して独立する・・・最終的にはココまでを目標としたほうが、おもしろいのではないか⁈と私は思っています。

ココまで思うにも、大きなワケがあって・・・

雇われWebライターのときに、私が書いた記事で「あるキーワードでGoogle1位」になったことがあります。それも約1年間ほど。

このことを、当時の雇い主さんが教えてくれたのですが・・・このとき私は「嬉しいけど、これって自分の成果報酬にはつながらない」と気づいたのです。

そう、これがキッカケで、私は独立を決意し、今に至ります。

とは言え、当サイトはWordpressを使用していますが、Wordpressを独学で習得し(約1年間かかりました)多大なる時間を要したことは間違いありません。

WordPressに限らずですが・・・Webライティングをするにも、その基盤となるプラットフォームをまず構築しなければならないということです。

これがなかなかできないから、いつまでも雇われWebライターのまま・・・という場合が多いのです。

とは言え、「雇われのままのほうが楽だ」という考えもあると思います。

しかし、近年ではココナラなどでWordpressのサイト構築を仕事として(代行)やっていただけたりもします。もちろん、こういったサービスは有料ですが、自分でサイト構築が難しい場合は、こういったサービスに頼ってみるのも一つの手段です。

ということで、今回は【最速でWebライターになる具体的な手順とそのポイント5選】をお話させていただきました。

ぜひ参考にしていただければと思います。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

※補足事項:【記事の添削者】について

記事の添削者は、Webライターさんが書いた記事を添削する→Webライターさんに修正依頼をする→修正後の記事を再添削→修正する部分が無いと判断したら→記事を世の中に公開する・・・というお仕事です。

正直、かなり大変でした。

私は、Webライターさん20人ほどを担当しましたが、本当に記事の添削だけに追われていました。

しかし、添削者を経験すると、見える景色が違ってくるので、かなりおすすめです。

一度は添削者も経験しておいたほうがベストです。

みさ
この記事を書いた人。

当サイトの運営者であり、
ブロガーをしています
ミニマリストmisaです。

便利で、ムダ無く、快適に暮らす。

ただモノを最小限に減らすわけではなく、
楽しくミニマリスト生活を過ごしています。

Twitter[@misatrombone]:
https://twitter.com/misatrombone
お気軽にフォローいただけると嬉しいです。

YouTube:ミニマリストmisa
https://www.youtube.com/channel/UC7lmg75-9xM4yBp9leCiITQ?view_as=subscriber
チャンネル登録やコメントなどお気軽にお願い致します。

misaをフォローする
ライター
misaをフォローする
min-life

コメント

タイトルとURLをコピーしました